Fandom


"Mountain Glenn"(マウンテン・グレン)RWBYの2期10話目(累計第26話目)のエピソード。RoosterTeeth公式サイト上にて2014年10月9日に公開された(現地時刻)。

あらすじ 編集

トランスクリプト 編集

A. ビーコン・アカデミー

1 Glynda
グリンダ
Trouble sleeping? 眠れない?

2 Ironwood
アイアンウッド
Arm was acting up. 腕の調子が悪くてね。

3 Glynda
グリンダ
Of course, so logically, you got out of bed, dressed yourself completely and decided to gaze menacingly out into the distance. What's wrong? そうでしょうね、それであなたはベッドから出て完璧に正装して厳しい目つきで遠くを睨むことにしたわけね。何があったの?

4 Ironwood
アイアンウッド
I've trusted him for years. We both have. I just... I can't help but feel like he's keeping us in the dark. 私は彼を長年信頼してきた。私達二人ともそうだ。私は…彼が私達に秘密を隠している気がしてならないのだ。

5 Glynda
グリンダ
Don't be ridiculous! You know very well that we are not the ones in the dark. 馬鹿な事を言わないで。私達に何かを隠しているなどあり得ないと分かっているでしょう。

6 Ironwood
アイアンウッド
That makes it worse! I refuse to believe that a man that I've trusted for so long would act so... passively. それならばなおさら悪い。私は認めたくない。自分がずっと信頼してきた男があれほど…、消極的だとは。

7 Glynda
グリンダ
You're a good person, James. You've always done what you think is best for the people, even against strong protest. It's admirable. But it's high time you stopped talking about trust and started showing it. Ozpin has experience that the rest of us lack. And I think that's something worth remembering. あなたは良い人よ、ジェームズ。あなたは常に人々のために最善だと思うことをしてきた。たとえ強い抵抗にあったとしてもね。それは立派な行為。でも今はもう信頼を語るのを止め、自らがそれを示すとき。オズピンは私達には無い経験を積み重ねている。その事は忘れてはならないと思うわ。


B. 野営地 1

1 Yang
ヤン
Blake, are you awake? ブレイク、起きてる?

2 Blake
ブレイク
Yeah. ええ。

3 Yang
ヤン
Why do you think he asked us about being a Huntress? Like, what was he trying to say? 何で博士は私達にハンターになりたい理由を聞いたと思う? その、何が言いたかったのかな?

4 Blake
ブレイク
Maybe he was just curious. ただ興味があっただけかもね。

5 Yang
ヤン
You think? そう思う?

6 Blake
ブレイク
No. いいえ。

7 Yang
ヤン
Weiss, are you awake? ワイス、起きてる?

8 Weiss
ワイス
Of course I'm awake! You two are talking. And I think he... When I said I wanted to honor my family's name, I meant it. But, it's not what you think. I'm not stupid. I'm fully aware of what my father has done with the Schnee Dust Company. Since he took control, our business has operated in a... moral gray area. もちろん起きていますわ。あなた達が喋ってるんですもの。私が思うに…、私が家の名の名誉を守りたいと言ったとき、私は本気でした。ですが、あなた達が思っているようなものではありません。私だって馬鹿ではありません。父がシュニー・ダスト・カンパニーでしてきた事はよく分かっています。父が実権を握ってから事業の方向性は…、道徳的にグレーになっていきました。

9 Blake
ブレイク
That's putting it lightly. 控えめな表現ね。

10 Weiss
ワイス
Which is why I feel the need to make things right. If I had taken a job in Atlas, it wouldn't have changed anything. My father was not the start of our name, and I refuse to let him be the end of it. だからこそ私が正さなければいけないと思っているのです。もし私がアトラスでの仕事に就いていたら、何も変わりません。家の名は父によって始まったわけではありませんし、父で終わりにさせるわけにはいきません。

11 Blake
ブレイク
All my life, I fought for what I thought was right. I had a partner named Adam. More of a mentor, actually. He always assured me that what we were doing would make the world a better place. But of course, his idea of a perfect future turned out to be not perfect for everyone. I joined the Academy because I knew that Huntsmen and Huntresses were regarded as the most noble warriors in the world. Always fighting for good. But I never really thought past that. When I leave the Academy, what will I - how can I undo so many years of hate? 生まれてからずっと、私は正しいと思うことのために戦ってきた。私にはアダムというパートナーがいた。というよりも指導者ね、実際には。彼はいつも私達がしていることが世界を良くすると私に言っていた。でも当然、彼の描く完璧な未来は誰にとっても完璧なわけじゃなかった。私がアカデミーに入ったのは、ハンターが世界で最も気高い戦士とされているから。常に正しい事のために戦う。でもその先の事は考えたことが無かった。アカデミーを出た後、私は何を…、長年の憎しみをどうやったら消せるの?

12 Yang
ヤン
I'm sure you'd figure it out. You're not one to back down from a challenge, Blake. きっとその方法を見つけられるよ。あんたは困難から逃げるような人じゃないでしょ、ブレイク。

13 Blake
ブレイク
But I am! I do it all the time! When you learned I was a Faunus, I didn't know what to do, so I ran! When I realized my oldest partner had become a monster, I ran! Even my Semblance! I was born with the ability to leave behind a shadow of myself; an empty copy that takes the hit while I run away! でも私は逃げてる! いつだってそう。私がファウナスだってあなた達に知られたときもどうしていいか分からずに逃げた。最初のパートナーが怪物になっていたと知ったときも私は逃げた! それにセンブランスだって! 私は自分の影を残す能力を持って生まれた。空っぽのコピーが攻撃を受けている間に私は逃げるの。

14 Yang
ヤン
At least you two have something that drives you. I've just kinda of always, gone with the flow, y'know? And that's fine, I mean, that's who I am. But how long can I really do that for? I wanna be a Huntress, not really because I want to be a hero, but because I want the adventure. I want a life where I won't know what tomorrow will bring. And that'll be a good thing. Being a Huntress just happens to line up with that. I'm not like Ruby, she's always wanted to be a Huntress. It's like she said, ever since she was a kid, she'd dreamt about being the heroes in the books. Helping people and saving the day, and never asking for anything else in return. Even when she couldn't fight, she knew that's what she wanted to do. That's why she trained so hard to get where she is today. 少なくとも二人には行動を起こすための理由がある。私は何て言うか、いつも流れに身を任せてきた。それでいいんだ、だって…、それが私だし。でもいつまでそうしていられる?私はハンターになりたい。ヒーローになりたいわけじゃなくて、冒険がしたいから。明日はどうなるか分からないような人生が良い。そうなれば楽しいと思う。ハンターになるのはそのために都合が良いってだけ。私はルビーとは違う。あの子はいつもハンターになりたがってた。あの子が言ってたように、子供の頃からずっと本の中のヒーローみたいになることを夢見てた。人々を手伝って窮地を救う。それで何も見返りは求めない。戦う力が無い頃でさえ、あの子はそれが自分のなりたいものだって分かってた。だからあの子は懸命に訓練を重ねて今のルビーになったの。

15 Weiss
ワイス
Well, she's still just a kid. それでも、彼女はまだ子供ですわ。

16 Blake
ブレイク
She's only two years younger. We're all kids. 私達と2歳しか違わない。私達全員子供よ。

17 Yang
ヤン
Well, not anymore. I mean, look where we are! In the middle of a warzone and armed to the teeth! いや、もう子供じゃないよ。だってさ、この状況を見てよ。戦場の真ん中で完全武装してるじゃない。

18 Blake
ブレイク
It's the life we chose. それが私達の選んだ生き方。

19 Weiss
ワイス
It's a job. We all had this romanticized vision of being a Huntress in our heads! But at the end of the day, it's a job to protect the people! And whatever we want, will have to come second. これは仕事です。私達全員、ハンターになることを美化して考えていますわ。結局のところ、これは人々を守る仕事です。そして私達の望みが何であれ、それは二の次ですわ。


C. マウンテン・グレン 1

1 Ruby
ルビー
Huh? Zwei, it's late. Go back to bed. あ…? ツヴァイ、もう遅いよ。寝てなきゃダメだよ。

2
Zwei! Zwei! ツヴァイ! ツヴァイ!

3
Zwei! Zwei, where are you? Zwei! Huh? ツヴァイ! ツヴァイ、どこにいるの? ツヴァーイ! は?

4
Zwei, this is a wasteland! You literally could have done that anywhere! ツヴァイ、ここは廃墟なんだよ。そんなのどこだって出来るでしょ。

5 WF Guard 1
ホワイト・ファング団員1
What was that? 今のは何だ?

6 WF Guard 2
ホワイト・ファング団員2
What was what? 何がだ?

7 WF Guard 1
ホワイト・ファング団員1
I thought I heard a Beowolf or something. ベオウルフか何かの声が聞こえたと思ったが。

8 WF Guard 2
ホワイト・ファング団員2
Let's just finish our patrol and get back to base. This place gives me the creeps. 早くパトロールを終わらせて基地に戻ろう。ここは気味が悪い。

9 Ruby
ルビー
Did they go in yet? One bark means yes. あいつらもう行った? イエスなら1回吠えて。

10
Oh! This is it! This is it! わぁ! やった! やったよ!

11
Aw man! Come on, we gotta get the others! あぁ、もう…。おいで、みんなを呼んでこなきゃ。

12 WF Guard
ホワイト・ファング団員
Freeze! 動くな!

13
Where did she come from? こいつどこから来たんだ?

14
You're a long way from home, little girl. ずいぶん遠くまで来たもんだな、お嬢ちゃん。

15 Ruby
ルビー
Hey! Hands off! ちょっと!放して!

16 WF Guard
ホワイト・ファング団員
The boss is gonna want to see this one... ボスが会いたがるはずだ。


D. 野営地 2

1 Yang
ヤン
Hey Weiss, it's your... Ruby? Hey, where's Ruby? ねぇワイス、次はあんたの…。ルビー? ねぇ、ルビーはどこ?

2 Oobleck
ウーブレック
What? どうした?

3 Yang
ヤン
Zwei? ツヴァイ?

4 Blake
ブレイク
What's going on? 何があったの?

5 Oobleck
ウーブレック
Grab your weapons! Your leader may be in trouble. 武器を持て。君達のリーダーの身に何かあったのかもしれない。


E. 地下の廃墟

1 WF Guard 1
ホワイト・ファング団員1
Hey, be careful! What are you trying to do, blow us to the moon? おい、気を付けろ! 何やってんだ。月までぶっ飛ばす気か?

2 WF Guard 2
ホワイト・ファング団員2
Sorry sir! すみません!

3 Perry
ペリー
Hey boss! Found something you might want to see! すいません、ボス! こいつは見てもらった方がいいかと思いまして!

4 Torchwick
トーチウィック
Is it good or bad, Perry? Because let me tell ya, I have had a day. それは良い物か悪い物か? ペリー。こう言っちゃ何だが、今日の仕事はもう終わりなんだ。

5 Perry
ペリー
Uh, it's a little girl? えー…、小さな女の子ですが?

6 Torchwick
トーチウィック
That would be bad. そりゃ悪い方だな。


F. マウンテン・グレン 2

1 Yang
ヤン
Ruby's scythe! ルビーの鎌だ!

2 Blake
ブレイク
Oh no. そんな…。

3 Weiss
ワイス
Do you think she fell? 落ちたのかしら?

4 Oobleck
ウーブレック
Fell? 落ちた?

5 Yang
ヤン
Down there. この下に。

6 Oobleck
ウーブレック
Oh my. Of course! Of course, OF COURSE, OF COURSE! 何てことだ。そうか…。そうか、そうか、そうか!

7 Blake
ブレイク
What is it? 何ですか?

8 Oobleck
ウーブレック
How could I be so stupid?! 私は何て馬鹿だったんだ!

9 Yang
ヤン
Dr. Oobleck, what's wrong? ウーブレック博士、どうしたんですか?

10 Oobleck
ウーブレック
Mountain Glenn! Yes, an expansion of Vale that was inevitably destroyed by creatures of Grimm! Previously home to thousands of people! Working people commuting to the city, the main city! Developed a subway system to the inner city! Grimm attacks increased! Population in danger, now desperately searching for shelter! City evacuates into the metro tunnels and what do they find? The southeast quadrant of Vale is known for wild forests and deep caves! マウンテン・グレン!そうだ、ヴェイルの国土拡大は必然的にグリムの怪物によって破壊された。以前には数千人が住んでいたのだ! 通勤者は都市の中心部に通い、市内には地下鉄が整備された! そしてグリムの襲撃が増加! 危機に陥った人々は必死になってシェルターを求めた! 市民達は地下鉄のトンネルに避難し、そこで何を見たのか? ヴェイルの南東部は手つかずの森と深い洞窟で知られる場所だ!

11 Yang
ヤン
Doc, what are you saying? 博士、何の話ですか?

12 Oobleck
ウーブレック
My dear, we're not just looking for an underground crime network, we're looking for an UNDERGROUND crime network! いいかな、我々は地下組織を探しているだけではない。まさに地下にいる組織を探しているのだ!

13 Blake
ブレイク
They've been working in caves? 奴等は洞窟の中で活動してるんですか?

14 Oobleck
ウーブレック
No, no, Mountain Glenn was Vale's first serious attempt at expansion. It worked for a short period of time, thanks to an aggressive perimeter defense, and unique transportation; the city developed an elaborate subway system to carry citizens safely from the new territory into the main Kingdom! Sadly, without the many natural barriers Vale had to protect its borders, Mountain Glenn was doomed from the start! As the end drew near, the citizens of the territory made one last attempt at survival: They took up shelter beneath the city! In massive caves that they had cleared out for the subway. And they had cut themselves off from the surface! いやいや、マウンテン・グレンはヴェイルが初めて真剣に取り組んだ拡大策だ。短期間の内は上手く機能していた。積極的な防衛策と独自の輸送システムによってね。この都市では精緻な地下鉄システムによって市民を王国の中心に安全に輸送していたのだ! 不幸にも、ヴェイルを守っていた数多くの自然の防壁が無かったことで、マウンテン・グレンは初めから滅びる運命にあった。終わりが近付いたとき、市民は生き残るための最後の賭けに出た。彼等は街の地下をシェルターとして利用したのだ。地下鉄のために彼等が整備した巨大な洞窟の中だ。そして彼等は自分達を地上から完全に切り離した。

15 Yang
ヤン
An underground village? 地下の集落ってことですか?

16 Oobleck
ウーブレック
In a matter of speaking, yes. A safe haven. Until... an explosion opened the mouth of another cavern, filled with subterranean Grimm. After that, the Kingdom officially sealed off the tunnels, creating the world's largest tomb. If Ruby is down there, we must find her... ある意味ではそうだ。安全な避難場所だ。ただしそれも…、あるとき爆発によって新たな洞窟に繋がり、地中に生息するグリムが入り込むまでだったが。その後、王国は正式にトンネルを塞ぎ、世界一巨大な墓地が出来上がった。もしルビーがそこに居るなら、彼女を見つけ出さねばならない。


キャラクター 編集


トリビア 編集

  • ブレイクがアダムのことを語るシーンでは天井に彼のエンブレムの形が浮かび上がっている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。