FANDOM


"Jaunedice"(ジョーン・ディス)RWBYの1期11話目のエピソード。一般には2013年9月26日に公開された(現地時刻)。

トランスクリプト 編集


キャラクター 編集


トリビア 編集

  • 本エピソードのタイトルは病名の"jaundice"(黄疸)から取られている。"jaundice"の語源はジョーンと同じく古いフランス語で黄色を意味する"jaune"である。
    • また、"jaundice"には「偏見」、「ひがみ」という意味もある。
  • Miles LunaKerry Shawcrossによると、ジョーンがロケット・ロッカーで飛ばされる描写はこのような状況でもこの世界の人間は死なないという事実を見せるためのものであった。また、このシーンは"End of the Beginning"で同じことが行われるシーンの伏線になっている[1]

参考 編集