Fandom


"End of the Beginning"(始まりの終わり)はRWBYの3期12話目(累計第40話目)のエピソード。RoosterTeeth公式サイトにて、有料会員には2016年2月13日、一般には翌日に公開され、Youtubeには一週間後に公開された(いずれも現地時刻)。

あらすじ 編集

トランスクリプト 編集


キャラクター 編集


トリビア 編集

  • 本エピソードはオープニングとクレジットを含めると28分を超えており、Volume 6 公開現在までのエピソードの中では最長である。
  • ピュラは死の前にシンダーの矢でくるぶしを射抜かれている。これは彼女の元ネタとなったアキレウスが踵を射抜かれて死んだこととかけている。
  • セイラムのセリフは"Ruby Rose"冒頭での彼女とオズピンの会話の続きになっている。
  • キスした後のピュラ
  • オーラを開放した時のピュラ
  • ピュラがジョーンにキスした後の構図は"The Emerald Forest"でジョーンのオーラを開放したときと非常によく似ている。
  • 本エピソードの最後ではクロウがカラスに変身している。今までのエピソード、またはトレイラーで何度かカラスが描かれたシーンがあり、これらとクロウが関連している可能性がある。
  • ヤンのセリフ、"Sometimes bad things just happen"は"Destiny"でクロウがヤンに言ったセリフと全く同じである。
  • タイヤンの家で、ヤンが休んでいた部屋は普段はゲストルームであり、ルビーが寝ていた部屋がルビーとヤン二人の部屋である[1]
  • AfterBuzzTVのインタビューで、Miles LunaKerry Shawcrossはルビー、ノーラ、ジョーン、レンのチーム名がチームRNJRであることを明かしている。
  • ルビーは自宅で目覚めた後のシーンでシンダーの名前を口にしているが、ルビーがシンダーの名前を知った経緯については作中では描かれていない。
  • ルビーがヤンの休む部屋に行ったシーンで流れる曲は、"No Brakes"でレイヴンがヤンを助けたあとのシーンで流れる曲や、"Destiny"でクロウがレイヴンのことを話すシーンで流れる曲と同じメロディである。

参考 編集

  1. Volume 3 DVD Directors' Commentary Chapter 12
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。