Fandom


"Dead End"(袋小路)RWBYの6期8話目(累計第74話目)のエピソード。RoosterTeeth有料会員には2018年12月15日、一般には同年12月22日に公開される(いずれも現地時刻)。

あらすじ 編集

ルビー一行はアトラスへ入国するための策として、アーガスにある基地を訪ねジェームズ・アイアンウッド将軍に話を通してもらおうとするが、衛兵は国境封鎖を理由にまともに取り合わなかった。そこでクロウ・ブランウェンワイス・シュニーを家まで送り届けるという方便を使い、それを聞いた衛兵は司令官を呼びに行った。そこでマリーア・カラヴェラはその司令官に心当たりがあるような素振りを見せるが、友人などではなくむしろ敵だと言う。彼女は10年に1回程度このアーガスからアトラスへ渡るが、過去に禁制品を持ち出して以来アトラス軍からマークされているのであった。ますます皆の希望が薄れる中、衛兵は司令官のキャロライン・コルドヴィンを連れて戻ってきた。彼女はやはりマリーアに敵意を示し、さらにルビー達に対しても冷たい態度を取る。ジョーン達も彼女に会って門前払いにされたのであった。彼女はこの基地と中継塔がいかにアーガスの安全に寄与しているかを語り、そしてそれらを維持する事こそ自らの使命だと述べた。マリーアのからかいの言葉によってさらに態度を硬化させた彼女はアーガスの人間やルビー達が恩知らずだと指摘し、世界中でアトラスが非難されている現状に苛立ちを見せた。ルビーはアトラスに非が無いことは分かっているとして理解を求め、ワイスはアイアンウッド将軍の不安に共感を示す。しかしコルドヴィンはワイスの言葉を曲解し、将軍は臆病者ではなくアトラスは強国なのだと言い放つ。そして、ワイスが本当に正気を取り戻し家に戻りたいと願うのであれば送り届けるが、素性の怪しい友人については責任は持てないと言った。その言葉にワイスは気色ばみコルドヴィンを問い詰めようとするが、彼女は話は終わりだと言って戻っていってしまった。当てが外れたルビー達は別の案を考えようとするが、クロウは計画が度々ふいになることに苛立ち、ルビーの言葉を無視して飲みに行ってしまった。事情を知らないジョーン達はオズピンならば次の策も出せるはずだと言うが、ワイス、ヤンブレイクオスカーは表情を曇らせ、顔を見合わせるのであった。

一行はサフロンの家に戻り、そこでジョーン達はオズピンの過去とセイラムの不死の話を聞かされた。ジョーンは壁を殴りつけ今までの事が全て無駄だったと嘆き、ノーラも頭を抱えて落ち込む。そしてセイラムが殺せないのにどうやって我々は勝つのかというレンの問いに、ルビー達は何も答えることが出来なかった。そんな皆の様子を見たオスカーは、少なくとも自分達は悪ではないと言って勇気付けようとするが、その言葉にジョーンが噛みつく。彼はオスカーに詰め寄り、前からこの事を知っていたのかと問う。そして制止しようとするワイスにも構わず、オスカーの胸ぐらを掴んで彼を壁に叩きつけた。ジョーンは声を荒げ、オスカーという人格をなぜ信用できるのか、実際はずっとオズピンの人格なのではないかとまくし立てる。ついにはルビーが彼を怒鳴りつけ、そこでジョーンはようやく冷静になりオスカーを解放した。ジョーンはそのまま無言で階段を上り部屋に入っていく。ノーラも彼を追うように階段を上って行き、レンもしばらく一人の時間を作った方が良いと提案しそれに続いた。ブレイクもその言葉に同調し、皆一人で考えた方が良いと提案するのであった。

一人になったルビーはクロウに電話をかけつつ庭に出る。電話に出ないクロウに苛立ちスクロールを放り投げるルビーだったが、喧噪を嫌って庭に来ていたマリーアにそれを咎められてしまう。ルビーは謝りつつ、この先どうすれば良いのか分からず皆をまとめる事も出来ない自分を嘆いた。そんな彼女にマリーアは呆れた様子を見せながらも、ルビーが自分を過小評価していることを指摘した。そして何も分からないことが嫌なら銀の眼の話をするのはどうかと提案する。すぐにそれを了承したルビーに、マリーアはまず知っていることを話すように言った。ルビーは銀の眼を持った者が伝説の戦士であること、そして自身がビーコン陥落時にワイバーンを石にしたということを話した。それを聞いたマリーアはルビーがほとんど知識を持たない事に呆れるが、しかし知識が無いのはルビーのせいではないとも言う。そして自らは父から銀の眼について教わったということを明かした。マリーアの父は古き戦士であり、そして素晴らしい教師であった。父の教えを受けたマリーアはアカデミーに通わずともハンターのライセンス試験では誰よりも優秀な成績であったという。しかし、その父でさえ銀の眼については僅かな事しか分からなかった。そしてそのような力を持った者が希少であることに疑問を持ち、何者かがその血筋を絶とうとしていると考え警戒していたという。マリーアも自らの力を隠し通そうと試みたが、目を失った一件から分かるように十分ではなかった。彼女は、自分が辛うじて生きているのは訓練とセンブランスのおかげだと説明した。彼女のセンブランスは、人一倍物事を感じ取りそして攻撃を直前に察知する能力であった。そのセンブランスと訓練、そして銀の眼の力が彼女をグリムリーパーと呼ばれる伝説の存在にまで押し上げたのであった。彼女はルビーに、銀の眼の力が発揮されるのがどういう時かと問いかけた。ルビーは自らの記憶を探り、1つの答えに辿り着く。友を守りたいという想い、それこそが力を発揮する鍵であった。マリーアはそれが命を"保護"したいという強い望みであり、"創造"の延長、あるいは"破壊"の逆であると説く。そしてグリムが闇の神によって作り出された一方、銀の眼の力は光の神からもたらされたものだと述べた。彼女はジンが見せた映像からその事に気付いたのであった。そこまで聞いたルビーはさっそく力を扱う訓練を始めようとするが、マリーアは訓練は実戦の中でしか出来ないとし、今出来るのは精神を鍛えることだけだと説いた。しかしここでルビーに1つの疑問が浮かんだ。ヘイヴン・アカデミーでの戦いの際、銀の眼の力がシンダー・フォールにダメージを与えたのはなぜか?その話を聞いたマリーアは、ルビーの知らない事実があるのではないかと返した。そのとき部屋の中からヤンがルビーを呼んだ。

部屋に戻ったルビーに、ブレイクはオスカーが居なくなったことを告げるのであった。

トランスクリプト(解説含む) 編集


A. アトラス軍基地

1 Yang
ヤン
C'mon! You didn't even hear us out! ちょっと! 最後まで聞いてもいないじゃない!

2 Nubuck guard 1
ヌバック兵1
Our orders are clear! The Mistral-Atlas border is closed. 我々が受けた命令は明確! ミストラル-アトラス間の国境は封鎖だ。

3 Nubuck guard 2
ヌバック兵2
Please! どうか!

4 Nubuck guard 1
ヌバック兵1
Have a good day. 良い一日を!

5 Yang
ヤン
But-- でも―

6 Nubuck guards
ヌバック兵たち
A good day! 一日を!

7 Qrow
クロウ
Hey, if you don't wanna believe that I'm friends with Ironwood-- おい、お前らが信じたくなくても俺はアイアンウッドの友人―

8 Nubuck guards
ヌバック兵たち
General, Ironwood! アイアンウッド"将軍"だ!

9 Qrow
クロウ
Yeah, General Ironwood, then fine. But look, we have Weiss Schnee with us and we're trying to get her home safely. ああ、アイアンウッド将軍な、分かったよ。いいか、俺達はワイス・シュニーを保護してて彼女を家まで安全に送り届けようとしてるんだ。

10 Nubuck guards
ヌバック兵たち
Approach! こちらへ!

11
Very well! よろしい!

12 Nubuck guard 2
ヌバック兵2
You may speak with our commanding officer. 我等の指揮官と話すことを許そう。

13 Nubuck guard 1
ヌバック兵1
We will fetch her at once. ただ今呼びに参る。
ここで"her"という言葉を使うことで視聴者にウィンターだと思わせる意図があると思われる。

14 Nubuck guards
ヌバック兵たち
Atlas! Atlas! Atlas! アトラス! アトラス! アトラス!

15 Blake
ブレイク
They were kind of... あの人達、何て言うか…

16 Ruby
ルビー
Super weird? Huh, Yeah. すっごく変? 確かに。

17 Maria
マリーア
Hmm... フーム……

18 Oscar
オスカー
What's wrong? どうかしたんですか?

19 Maria
マリーア
Well I,... may know this commanding officer. ひょっとすると… その指揮官を知ってるかもしれないね。

20 Ruby
ルビー
That's good isn't it? If she's your friend then maybe she'd be more willing to help us. それって、良い事ですよね? もし友達なら進んで協力してくれるかもしれないし。

21 Maria
マリーア
I wouldn't exactly call us... "friends". ちょっと呼べないねぇ…、"友達"とは。

22 Weiss
ワイス
Acquaintances? 知り合い?

23 Maria
マリーア
Not quite. 少し違うね。

24 Blake
ブレイク
Colleagues? 同僚?

25 Maria
マリーア
Warmer. 近くなってきた。

26 Yang
ヤン
Enemies? 敵?

27 Maria
マリーア
That's the one! それだよ!

28 Oscar
オスカー
Wait, what? え、何だって?

29 Maria
マリーア
Oh, yes. I come through here about once every ten years to get my eyes checked up in Atlas. You bring outside cashews on one flight, and suddenly you're placed on the additional screening list for life! ああ、そうだ。あたしはアトラスでこの目を点検してもらうため大体10年に1回ここを通るんだ。たった一度渡航でカシューを外に持ち出したら、それ以来ずっと追加審査のリスト入りだよ!

30 Qrow
クロウ
You've gotta be kidding me. 勘弁してくれよ。

31 Maria
マリーア
Now, now. Let's not give up hope yet. Maybe she's dead. まあまあ、まだ諦めるのは早いよ。あいつは死んでるかもしれないし。

32 Nubuck guard 2
ヌバック兵2
Introducing! 紹介させて頂こう!

33 Nubuck guard 1
ヌバック兵1
Special operative! 特殊部隊長!

34 Nubuck guards
ヌバック兵たち
Caroline Cordovin! キャロライン・コルドヴィン!

35 Cordovin
コルドヴィン
Witch. 魔女め。

36 Maria
マリーア
She-devil. 性悪女。

37 Cordovin
コルドヴィン
Hm, I've seen you've chosen larger contraband to smuggle this time. フン、今度はより大きな禁制品を密輸するつもりか。

38 Maria
マリーア
Oh, Cordo, you know they say time changes people, but I see you've still got that stick right up-- おや、コルド、時が経てば人は変わると言うけど、あんたは相変わらずあの棒っきれの―
棒っきれ(stick)はおそらく中継塔のこと

39 Ruby
ルビー
H-hello! Miss, uh, Cordovin. My name is Ruby Rose, and I was wondering if you would hear us out about-- こんにちは! ミス… コルドヴィン。私はルビー・ローズと言います。それで、もしよろしかったら私達の話を―

40 Cordovin
コルドヴィン
I've already heard what your other little friends had to say, Miss Rose. 既にお前の他の友から聞いている、ミス・ローズ。

41
What are you doing back here?! I thought I told you to leave! 後ろで何をやっている!? 帰れと言ったはずだ!

42 Nora
ノーラ
And I told you we wouldn't rest until you let us through! 通してくれるまで諦めないって返したでしょ!

43 Ren
レン
Nice to see you again as well! またお会いできて光栄です!

44 Cordovin
コルドヴィン
You civilians are clearly incapable of comprehending the importance of our mission here in Argus. So allow me to say this slowly, with smaller words: This base, that relay tower, the very safety of Argus are all gifts from the glorious Kingdom of Atlas. And it is my duty to uphold them, as only I have the wit and tenacity for such a task. お前達市民は明らかにアーガスにおける我等の任務の重要性を理解できる頭を持っていない。したがって説明させてもらおう。ゆっくりと、簡潔に。この基地、あの中継塔、まさにアーガスの安全性は全て輝かしいアトラス王国によってもたらされたのだ。そしてそれらを維持するのが私の責務なのだ。それに相応しい機知と精神力を備えたものとしてな。

45 Nubuck guard 1
ヌバック兵1
Such wit! 素晴らしき機知!

46 Nubuck guard 2
ヌバック兵2
Such tenacity! 卓越した精神力!

47 Maria
マリーア
Or maybe Atlas just wanted to get you as far from the Kingdom as possible. あるいはアトラスはあんたを王国から出来るだけ遠ざけたかったのかもしれないね。

48 Cordovin
コルドヴィン
You're just like the rest of these Argus ingrates! This city wouldn't even be here if it weren't for Atlesian ancestors, and what do we get in return? The entire world is ready to put a knife to our throats! お前はアーガスの恩知らず共と全く同じだ! この街はアトラスの先人達が居なければ存在すらしなかったのだ。それなのに我等が得たものは何だ? 全世界が我等の喉にナイフを突きつけようとしている!

49 Ruby
ルビー
Please, we know your kingdom had nothing to do with the Fall of Beacon. We were there. お願いです、あなたの国がビーコン陥落に何も関係していないことは分かっています。私達はそこに居たんです。

50 Weiss
ワイス
No one's happy about the Atlas borders or embargo, but I know General Ironwood is just worried. It's why we need to talk to-- 皆アトラスの国境封鎖や禁輸を好ましく思っていませんわ。ですが、アイアンウッド将軍が不安を感じていることは分かっています。だからこそ私達は話を―

51 Cordovin
コルドヴィン
The general is no coward! Atlas is strong! If all the kingdoms plan to make us their enemy, then so be it! Atlas will prevail! 将軍は臆病者ではない! アトラスは強国なのだ! 他の王国が我等と敵対するというなら好きにすればよい! 勝利はアトラスの手に!

52 Nubuck guards
ヌバック兵たち
Atlas will prevail! 勝利はアトラスの手に!

53 Yang
ヤン
Do you guys seriously have to do that? それやらないと気が済まないわけ?

54 Cordovin
コルドヴィン
If Miss Schnee has truly come to her senses and wishes to return to her family, then of course the Atlas military will escort her home. But the Kingdom will not be responsible for her friends of questionable character. もしミス・シュニーが本当に正気を取り戻して家に戻りたいと言うのであれば、もちろんアトラス軍が責任を持って送り届けよう。しかし王国は責任を負えない。…素性の怪しい友人まではな。

55 Weiss
ワイス
What's that supposed to mean? どういう意味ですの?

56 Cordovin
コルドヴィン
It means we're done here. 話は終わりということだ。

57 Nora
ノーラ
Oh yeah? Well, your face looks... Like a big dumb boot! あっそう? あんたの顔なんか… まるで馬鹿でかい靴みたい!

58 Jaune
ジョーン
Way to show her, Nora. その調子だ、ノーラ
この"show"は、議論に勝った人に"you showed them"と声をかけるのと同じようなニュアンスらしい。

59 Weiss
ワイス
I don't... 私―

60 Ruby
ルビー
Weiss, I told you we wouldn't leave your side for a second. We'll find a way to Atlas. Together. So, where are we going now? ワイス、私達はいつだって味方だって言ったでしょ。アトラスへ行く方法を見つけよう。一緒に。それで…、これからどこに行こう?
ルビーが言っているのは"Argus Limited"でのセリフのこと。

61 Nora
ノーラ
Yeah... what's the plan? うん…、計画は?

62 Qrow
クロウ
The plan? The plan just got shut on our face three times over. I'm going for a drink. 計画? 計画は3回も目の前で水の泡だ。 俺は飲みに行ってくる。

63 Ruby
ルビー
Uncle Qrow, I really think we should try and come up with something... together. クロウおじさん、本当に何かアイデアを考えないと… 一緒に。

64 Jaune
ジョーン
What's his problem? It's not your fault we can't go on. 一体どうしたんだ? 上手くいかないのは君のせいじゃないのに。

65 Nora
ノーラ
If he's gonna be a jerk then we'll just come up with something without him. I mean, we've got Ozpin with us. He usually knows what to do. クロウが当てにならないならあの人抜きで何か考えればいいじゃない。ほら、こっちにはオズピンが居る。いつもどうすればいいか知ってるし。

66 Ren
レン
What is it? どうしたんです?


B. コッタ・アーク家1

1 Ruby
ルビー
Jaune! ジョーン!

2 Jaune
ジョーン
Everything we did was for nothing! 今までやってきたことは全部無駄だった!

3 Blake
ブレイク
That's not true. そんなことないわ。

4 Nora
ノーラ
Really? Cuz it sure does sound like it. 本当に? どう考えてもそう思えるけど。

5 Blake
ブレイク
I, um... それは…

6 Ren
レン
If Salem can't be killed, then how are we supposed to win this? セイラムが殺せないのであれば、私達はどうやって勝つのですか?

7 Jaune
ジョーン
Wow. Great plan everyone. 凄いね。見事な計画だよ。

8 Oscar
オスカー
Look, none of this is great, we know. But we're not the bad guys here. あのさ、何も見事なんかじゃないよ、もちろん。でも、僕達は悪党じゃないだろ。

9 Jaune
ジョーン
Are we sure about that? 本当にそう言えるのか?

10 Oscar
オスカー
What? え?

11 Jaune
ジョーン
He's in your head, isn't he? Did you already know about this? あいつはお前の頭の中に居るんだよな? お前はこの事を知ってたのか?

12 Weiss
ワイス
He didn't know any of it! 彼は何も知りませんでしたわ!

13 Jaune
ジョーン
How much longer can we even trust him? こいつをどれ程信用できるって言うんだ?

14 Yang
ヤン
Jaune! ジョーン!

15 Jaune
ジョーン
How do we even know it's really him? What if we've been talking to that liar this whole time? どうやってオスカーだってことを確かめるんだ!? もし俺達がずっと話してるのがあの嘘つきだったとしたら?

16 Ruby
ルビー
Jaune! ジョーン!

17 Yang
ヤン
Is he gonna be okay? あいつ… 大丈夫かな?

18 Nora
ノーラ
I don't know! 知らないよ!

19 Ren
レン
I think it would be best if we had some time to ourselves. 今は一人になる時間があった方が良さそうです。

20 Blake
ブレイク
Maybe we could all use some space. 私達も一人で考える時間があった方が良いかもしれないわ。


C. 庭

1 Ruby
ルビー
Come on, please. Where are you?! ああもう、出てよ…。もう! どこに居るの!?

2 Maria
マリーア
You know, I came out here to avoid the yelling. あのね、あたしは騒がしいのが嫌でここに来たんだよ。

3 Ruby
ルビー
Sorry. The others went to get food for tonight. ごめんなさい。みんなは今夜の食べ物を買いに出かけたよ。

4 Maria
マリーア
Why not go with them? なぜ一緒に行かないんだい?

5 Ruby
ルビー
I don't know. I don't know anything. What do I tell Jaune and his team when we don't even have a plan? Qrow's out drinking, Ozpin hasn't come back and even if he did, I don't know if I could trust him. And there's always Jinn, but we only have one more question we could ask her. I feel like I'm letting everyone down. 分からない。分からないことばっかり。何の策も無いのに、ジョーン達に何て言ったらいいの? クロウは飲みに行っちゃうし、オズピンも帰ってこないし、帰ってきたとしても信用出来るか分からない。ジンはここに居るけど、質問出来るのはあと1つだけ。私、みんなを落ち込ませてる気がする…。

6 Maria
マリーア
You know, you don't give yourself enough credit. どうもあんたは自分を過小評価してるようだね。

7 Ruby
ルビー
Oh, thanks. あは、ありがとう。

8 Maria
マリーア
That wasn't a compliment. 褒めたわけじゃないよ。

9 Ruby
ルビー
Uh... what? え… はい?

10 Maria
マリーア
If I have to explain it to you, it will just defeat the purpose. But if you're tired of not knowing anything, how about we discuss those eyes of yours? ここで説明を始めるんじゃ、当初の目的が台無しなんだけどね。でもあんたが何も知らない事にうんざりだって言うなら、あんたの目の話をするってのはどうだい?
最初のセリフは、「一人で静かにしていたかったのに台無しだ」という意味だと思われるが、「ルビーに対してここで銀の眼について説明するのは当初の予定と違う」という意味の可能性もある

11 Ruby
ルビー
Oh! Yes ma'am, I would be honored! え! はい、先生! 光栄です!

12 Maria
マリーア
Sit back down, for Pete's sake. Let's start with what you do know. Tell me. お願いだから座っておくれ。あんたが何を知ってるかから始めよう。言ってごらん。

13 Ruby
ルビー
Uh... silver-eyed people are supposed to be legendary warriors. Or something. And at the Fall of Beacon, I turned a giant Wyvern into stone. えーと…、銀の眼を持った人々は伝説の戦士だと言われています。……みたいな。あと、ビーコン陥落のときに、私は巨大なワイバーンを石に変えました。

14 Maria
マリーア
Oh, boy. ダメだこりゃ。

15 Ruby
ルビー
Look, if I already knew everything I wouldn't be asking for help. だって、全部知ってたら教えて欲しいなんて言わないよ。

16 Maria
マリーア
Yelling. It's not your fault. I had my farther to teach me, and even he didn't have all the answers. But what he told me makes sense, given what I've seen. 喚かない。あんたが悪いんじゃない。あたしには教えてくれる父親が居た。そしてその父でさえ全てを知ってるわけじゃなかった。でも父が話してくれたことは筋が通っていた。あたしの見てきた限りね。

17 Ruby
ルビー
Was he a Huntsman too? お父さんもハンターだったの?

18 Maria
マリーア
It wasn't really an official title back in his day. I only knew him as an old soldier, and an excellent teacher. I never attended one of those fancy academies of yours, but I scored higher on the license exam than any other Huntsman or Huntress that day. あの頃はそんな正式な肩書きは無かったのさ。あたしが知ってたのは父が古い戦士だってことと、素晴らしい教師だったってことだけさ。あたしはあんた達みたいに立派なアカデミーには行かなかったけれど、ライセンス試験ではあの頃の他のどんなハンターよりも良い成績だったよ。

19 Ruby
ルビー
You must've been proud. 誇らしかったでしょ。

20 Maria
マリーア
He would've scolded me for showing off. He'd never been able to find much information about our abilities. Just legends of warriors whose eyes shown like mirrors, reflecting the light of the world onto darkness. He found so little, in fact, that it made him cautious. How could such powerful bloodlines be so rare? Unless, something was actively seeking to destroy them. 力をひけらかすなって叱られただろうさ。父はあたし達の力について詳しい情報は得られなかった。ただ、世界の光を反射して闇を照らす鏡のような目を持った戦士の伝説というだけさ。実際、父が見つけたものはわずかだった。それで警戒したんだ。そんな強力な力を持った血筋がそんなに希少なはずはないだろう? 何かが積極的に彼等を亡ぼしたのでなければね。

21 Ruby
ルビー
Salem. セイラム…。

22 Maria
マリーア
I tried to keep my powers a secret. But as you know, it wasn't enough. I owe my life to my training, and my Semblance. At the end of the day, those are still your most powerful tools. あたしは自分の力を隠し通そうとした。でも知っての通り、十分じゃなかった。あたしが生きてるのは訓練とセンブランスのおかげさ。結局のところ、やっぱり一番頼りになるのはそれだよ。

23 Ruby
ルビー
What is your Semblance? あなたのセンブランスは何なの?

24 Maria
マリーア
Preflexes. A silly name I came up with. Hard to explain, but I can sense everything better than most, and react to attacks almost before they happen. Combine that with my training and secret ability to turn Grimm to stone, or blind them, or vaporize them. And that's how you become the Grimm reaper. "予見反射"さ。自分で付けたくだらない名前だけどね。説明が難しいけど、あたしは他の人より色々な物を感知できて、攻撃が繰り出される直前に反応できる。それを訓練や秘密の能力と組み合わせてみな。グリムを石に変えたり、目を見えなくしたり、気化させる能力だよ。そうすればグリムリーパーの出来上がりさ。
"Preflexes"はrefelexes(反射神経)にpre-(予め)を付けた造語。単なる反射神経ではなく、事前に察知できるということを表している。

25 Ruby
ルビー
So, how do I laser beam monsters with my eyeballs? それで…、私はどうやったら目からレーザービームを出せるの?

26 Maria
マリーア
First, you stop thinking like that! I want you to think of all the times you've triggered your powers. What did those moments have in common? 最初に、そういう考えは捨てな! 今までどんな時に力が発動したか考えるんだ。それらの瞬間に共通することは何だい?

27 Ruby
ルビー
I was scared, and stressed. Is it emotional? Like I unlocking a Sembrance? 私は…、怖くて、追い込まれてて…。強い感情を持ったとき? 初めてセンブランスを解放した時みたいに?

28 Maria
マリーア
It's emotional, but more focused than that. Think, what is it you wanted? 強い感情には違いない、でももっと集中した想いだよ。考えてみな、あんたは何を望んだ?

29 Ruby
ルビー
I wanted to protect my friends. 私は友達を守りたかった。

30 Maria
マリーア
Precisely! It is the desire to preserve life which fuels the light inside you. And to make no mistake, It is light. Preservation is an extension of creation, or at the very least, an enemy of destruction. The Creatures of Grimm were made by the God of Darkness. But your light comes from his brother. その通りだ。命を保護したいという強い望み、それがあんたの中の光を生み出す糧だ。間違えるんじゃないよ、それは光だ。"保護"は"創造"の延長だ。あるいは少なくとも、"破壊"と対立するものだ。グリムの創造物は闇の神によって作り出された。だけどあんたの光は、彼の兄から来たものだ。

31 Ruby
ルビー
How do you know that? どうして分かるの?

32 Maria
マリーア
I always knew how to use the light, but never why it only worked on the Grimm. Then, Jinn showed us her vision. Were you paying attention? あたしはその光の使い方は前から知っていた。でもなぜグリムにだけ効くのかは知らなかった。そして、ジンがあたし達に映像を見せてくれた。ちゃんと見てたかい?

33 Ruby
ルビー
The God of Light... His eyes. Okay, where do we start? 光の神…。あの目! 分かった、どこから始めたらいい?

34 Maria
マリーア
Well, not here. The light will only work in the presence of Grimm. Meaning the only practice you'll get will be a trial by fire. But, what you can do is focus on creating a state of mind that you can tap into when you need it. Don't think about your light as a means of destroying evil, but as a way to protect the people of Remnant. そうだね…、今はダメだね。あの光はグリムが目の前にいる時のみに効果がある。つまり訓練は実戦の中でやるしかない。だが出来ることはある。精神を作り上げることだ。必要なときに利用できるようにね。その光が闇を滅ぼす手段だと思っちゃいけない。レムナントの人々を守る術だと認識するんだ。

35 Ruby
ルビー
But that can't be right. でも、それじゃおかしいよ。

36 Maria
マリーア
Hm? ん?

37 Ruby
ルビー
You said the light only reacts to Grimm, but... I used it during our battle at Haven. It reacted to Cinder. あの光が有効なのはグリムだけって言ったけど…、ヘイヴンでの戦いの時、私はそれを使った。シンダーにも効いたよ。

38 Maria
マリーア
Interesting. Perhaps there was something that you just weren't seeing? 興味深いね。あんたが知らない何かがありそうだね。

39 Yang
ヤン
Ruby! ルビー!


D. コッタ・アーク家2

1 Ruby
ルビー
Oh, hey guys. あ、お帰りみんな。

2 Jaune
ジョーン
What's going on? 何があったんだ?

3 Blake
ブレイク
It's Oscar. He's missing. オスカーよ。居なくなったの。


キャラクター編集


トリビア編集

  • コルドヴィン(Cordovin)と衛兵の名称(Nubuck)は靴に使われる革にちなんだものだと考えられる。また、キャロラインという名前はThere was an Old Woman Who Lived in a Shoe(靴の中に住む老婆)という童謡に出てくる老婆のモデルという説があるキャロライン・オブ・アーンズバックから取られたと考えられる。
    • ノーラがコルドヴィンの顔をブーツ呼ばわりしたのもその事にかけていると思われる。

参考編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。