Fandom


"Black and White"(黒と白)RWBYの1期16話目のエピソード。一般には2013年11月7日に公開された(現地時刻)。

トランスクリプト 編集

A. カフェ

1 Sun
サン
Finally, she speaks! Nearly two days and you gave me nothing but small talk and weird looks! やっと喋ってくれたな。ほぼ二日間、ほとんど喋らないで変な顔するばっかりだったしよ!

2
Yeah, like that. そう、そんな顔。

3 Blake
ブレイク
Sun... Are you familiar with the White Fang? サン…、あなたホワイト・ファングについて知ってる?

4 Sun
サン
Of course! I don't think there's a Faunus on the planet who hasn't heard of them. Stupid, holier-than-thou creeps that use force to get whatever they want. Bunch of freaks, if you ask me! 当然! 奴等の事を知らねぇファウナスなんてこの星に居ねぇだろ。バカで聖人ぶったキモい奴等で、欲しい物を手に入れるために武力を使ってる。狂った連中さ、俺に言わせればな。

5 Blake
ブレイク
I was once a member of the White Fang. 私は昔ホワイト・ファングのメンバーだった。

6 Sun
サン
Wait a minute, you were a member of the White Fang?! 待ってくれ、ホワイト・ファングのメンバーだったって!?

7 Blake
ブレイク
That's right. I was a member for most of my life, actually. You could almost say I was born into it... そうよ。事実、人生の大半を組織の一員として過ごしてきた。生まれながらのメンバーだったと言ってもいい。

8
Back then, things were different. In the ashes of war, the White Fang was meant to be a symbol of peace and unity between Humans and the Faunus. 最初の頃は、今と状況は違った。戦争の後、ホワイト・ファングは人類とファウナスの平和と協調のシンボルとして期待されていた。

9
Of course, despite being promised equality, the Faunus were subjected to discrimination and hate. Humanity still thought of us as lesser beings. And so, the White Fang rose up as a voice of our people. And I was there. 知っての通り、平等を約束されたにもかかわらずファウナスは差別と憎悪の対象だった。人類は依然として私達を劣った存在だと見ていた。だから、ホワイト・ファングは私達の代表として立ち上がった。そして私もその中に居た。

10
I was at the front of every rally. I took part in every boycott. I actually thought we were making a difference. But I was just a youthful optimist. 私はどんな集会でも先頭に立った。あらゆるボイコットにも参加した。自分達が世の中を変えていってると本気で信じてた。でもそれは若さゆえの楽観でしかなかった。

11
Then, five years ago, our leader stepped down, and a new one took his place. A new leader, with a new way of thinking. そして、今から5年前、リーダーがその職から下りて新しいリーダーが後を継いだ。新たなリーダーには、新たな考え方があった。

12
Suddenly, our peaceful protests were being replaced with organized attacks. We were setting fire to shops that refused to serve us, hijacking cargo from companies that used Faunus labor. And the worst part was, it was working. We were being treated like equals. But not out of respect... out of fear. 突然、平和的な抗議活動は組織化された襲撃に変わった。私達を拒絶する店に火を付け、ファウナスをこき使う会社の貨物を奪った。そして最悪だったのは、それが上手くいったこと。私達は平等に扱われるようになった。でもそれは尊重のためではなく…、恐怖のため。

13
So, I left. I decided I no longer wanted to use my skills to aid in their violence, and instead, I would dedicate my life to becoming a Huntress. So here I am: a criminal hiding in plain view, all with the help of a little black bow. だから抜けたの。私はこれ以上彼等の暴力のために自分の能力を使いたくないって決めた。そして代わりに、自分の人生をかけてハンターになろうって。だから今ここに居る。一人の犯罪者が街中に堂々と、小さな黒いリボンのおかげでね。

14 Sun
サン
So... have you told your friends any of this? それで…、その話は友達にはしたのか?


B. 市街

1 Ruby
ルビー
Blaaaake! ブレーーーイク!

2 Yang
ヤン
Blaaaake! ブレーーイク!

3 Ruby
ルビー
Blaaaaaaaake! Where aaaare yoooouuuu!? ブレーーーイク! どこに居るのーー!?

4 Yang
ヤン
Blake! ブレイク!

5 Ruby
ルビー
Weiiiiss, you're not helping! ワイス、全然手伝ってないじゃない!

6 Weiss
ワイス
Oh! You know what might be able to help? The police! あら、助けになりそうなものをご存知? 警察ですわ。

7 Ruby
ルビー
Ugh, Weiss... もう…、ワイス…。

8 Weiss
ワイス
It was just an idea! 案の一つですわ!

9 Ruby
ルビー
Yeah, a bad one. そうだね、ダメな案。

10 Yang
ヤン
Weiss, I think we should hear her side of the story before we jump to any conclusions. ワイス、結論に飛び付く前に彼女の言い分も聞くべきだと思うよ。

11 Weiss
ワイス
I think that when we hear it, you'll all realize I was right! 彼女の話を聞けば、私が正しかったことが分かると思いますわ。

12 Penny
ペニー
And I think Weiss' hair looks wonderful today! 私は今日のワイスさんの髪がとっても素敵だと思います。

13 Ruby
ルビー
Aaaah! Penny! Where did you come from!? わぁーー! ペニー! どこから出て来たの!?

14 Penny
ペニー
Hey guys! What are you up to? こんにちは皆さん! 何をしてるんですか?

15 Ruby
ルビー
Uhh... えーっと…。

16 Yang
ヤン
We're looking for our friend Blake. 友達のブレイクを探してるの。

17 Penny
ペニー
Ooooh, you mean the Faunus girl! あぁー…、あのファウナスの女の子ですね。

18 Ruby
ルビー
Wait, how did you know that? 待って、何でそれ知ってるの?

19 Penny
ペニー
Uhh, the cat ears? えーと、猫耳があるから?

20 Yang
ヤン
What cat ears? She wears a... boooohhh... 猫耳って? 彼女がしてるのは…リボン…。

21 Ruby
ルビー
She does like tuna a lot... ブレイクってマグロ好きだよね…。

22 Penny
ペニー
So, where is she? それで、どこに居るんですか?

23 Ruby
ルビー
We don't know. She's been missing since Friday. 分からないんだ。金曜日から居なくなっちゃって。

24 Penny
ペニー
That's terrible! Well, don't you worry Ruby, my friend! I won't rest until we find your teammate! それは大変です! よーし、心配しないでください、お友達のルビーさん! あなた方のチームメイトを見つけるまで探し続けますから!

25 Ruby
ルビー
Uh, that's really nice of you, Penny, but we're okay! Really! Right, guys? あー、本当にありがとう、ペニー。でも大丈夫だから、本当に! だよねみんな?

26 Penny
ペニー
It sure is windy today! 今日はとても風が強いですね。


C. ブレイクとサン

1 Sun
サン
So, what's the plan now? それで、何か考えがあるのか?

2 Blake
ブレイク
I still don't believe the White Fang is behind these robberies. They've never needed that much Dust before. ホワイト・ファングがこんな強盗に関わってるなんてまだ信じられない。これまであんなに大量のダストを欲しがることなんて無かったわ。

3 Sun
サン
What if they did? I mean... the only way to prove that they didn't do it, is to go to the place where they would most likely go to if they were to do it, and not find them there! Right? もしやってたら? いやつまり…、奴等がやってないって証明する唯一の方法は、奴等が一番やりそうな場所に行って、そこにいない事を確認することだ!だろ?

4 Blake
ブレイク
The only thing is, I've no idea where that would be. あと問題なのは、その場所がどこか分からないってことね。

5 Sun
サン
Well, while I was on the ship, I heard some guys talking about offloading a huge shipment of Dust coming in from Atlas. そういや、船に乗ってるとき、アトラスから運んできた大量のダストを降ろすって話をしてるのを聞いたぜ。

6 Blake
ブレイク
How huge? 大量って?

7 Sun
サン
Huge. Big Schnee Company freighter. 大量さ。でっかいシュニー・カンパニーの貨物船だ。

8 Blake
ブレイク
You're sure? 本当に?


D. ヤンとワイス

1 Yang
ヤン
Thanks anyways! This is hopeless. You really don't care if we find her, do you? ありがとね! お手上げだね。あんた本当に彼女が見つからなくてもいいってわけ?

2 Weiss
ワイス
Don't be stupid; of course I do. I'm just afraid of what she'll say when we find her. The innocent never run, Yang! 馬鹿言わないで。そんなわけありません。見つけたときに彼女が何て言うか心配なだけです。無実の人は逃げませんのよ、ヤン。


E. ルビーとペニー 1

1 Penny
ペニー
So, Blake is your friend? それじゃ、ブレイクさんはお友達なんですか?

2 Ruby
ルビー
Yes, Penny. そうだよ、ペニー。

3 Penny
ペニー
But you're mad at her? でも彼女に対して怒ってるんですか?

4 Ruby
ルビー
Yes. Well, I'm not. Weiss is. うん。いや、私じゃなくて、ワイスがね。

5 Penny
ペニー
Is she friends with Blake? ワイスさんもブレイクさんと友達ですか?

6 Ruby
ルビー
Well, that's kind of up in the air right now... うん、そこが今分かんないとこなんだよね…。

7 Penny
ペニー
But why? でも、なぜですか?

8 Ruby
ルビー
Well, you see, Blake might not be who we thought she was... うん、あのね、ブレイクは私達が思ってるような人じゃないかもしれないんだ。

9 Penny
ペニー
Is she a man? 男なんですか?

10 Ruby
ルビー
No! No, Penny. She's... I don't know what she is. She didn't exactly talk to us before she decided to run off. 違うよ! 違うってペニー。ブレイクは…、私はあの子の事よく知らないんだ。あの子が逃げ出す前、私達それほど話してなかったし。

11 Penny
ペニー
I don't have a lot of friends, but if I did, I would want them to talk to me about things. 私はあまり友達がいません。でも、もし友達がいたら、私に色々話して欲しいです。

12 Ruby
ルビー
Me too... そうだよね…。


F. 埠頭 1

1 Sun
サン
Did I miss anything? 何かあったか?

2 Blake
ブレイク
Not really. They've offloaded the crates from the boat. Now they're just sitting there. 特にないわ。船からコンテナを降ろしてた。今はあそこに置いてある。

3 Sun
サン
Cool. I stole you some food! よし。食いもんくすねてきたぜ。

4 Blake
ブレイク
Do you always break the law without giving a second thought? いつも考え無しに法を破ってるわけ?

5 Sun
サン
Hey, weren't you in a cult or something? 何だよ、お前はカルト集団に居たんじゃなかったっけ?

6
Okay, too soon! 悪かった、口が滑った。

7 Blake
ブレイク
Oh no... そんな…。

8 Sun
サン
Is that them? 奴等か?

9 Blake
ブレイク
Yes... It's them. そうよ…。間違いない。

10 White Fang Soldier
ホワイト・ファングの兵士
All right, grab the tow cables! よし、けん引ケーブルを掴め。

11 Sun
サン
You really didn't think they were behind it, did you? 本気で奴等が絡んでるとは思ってなかったんだよな?

12 Blake
ブレイク
No. I think deep down I knew. I just didn't want to be right. ええ。でも心の底では分かってたんだと思う。ただそれが真実であって欲しくなかった。

13 Torchwick
トーチウィック
Hey! What's the holdup!? We're not exactly the most inconspicuous bunch of thieves at the moment, so why don't you animals try to pick up the pace? おい! 何をもたもたしてるんだ!? 俺達は今人目につかないコソ泥ってわけじゃないんだ。ペースを上げたらどうなんだ? 動物ども。

14 Blake
ブレイク
This isn't right. The White Fang would never work with a Human. Especially not one like that. おかしいわ。ホワイト・ファングは人間とは組まない。特にあんなのとはね。

15 Sun
サン
Hey, what are you doing?! おい、どうするんだよ!?

16 Torchwick
トーチウィック
No, you idiot! This isn't a leash! 違うだろ、バカ。犬を繋ぐんじゃないんだぞ。

17
What the- Oh, for f- なっ―、ああ…、ったく―

18 Blake
ブレイク
Nobody move! 動かないで!

19 Torchwick
トーチウィック
Whoa! Take it easy there, little lady. おいおい! 落ち着きなよお嬢ちゃん。

20 Blake
ブレイク
Brothers of the White Fang! Why are you aiding this scum? ホワイト・ファングのみんな! なぜこんなクズに協力してるの!?

21 Torchwick
トーチウィック
Oh, kid, didn't you get the memo? おやおや、報せを見てないのかい?

22 Blake
ブレイク
What are you talking about? 何の話?

23 Torchwick
トーチウィック
The White Fang and I are going in on a joint business venture together! ホワイト・ファングと俺で共同事業を始めるのさ。

24 Blake
ブレイク
Tell me what it is or I'll put an end to your little operation. 何をする気が話しなさい、でなければそのちっぽけな企みを潰すわよ。

25 Torchwick
トーチウィック
I wouldn't exactly call it a little operation... 俺ならこれをちっぽけなんて呼べないねぇ…。


G. ルビーとペニー 2

1 Ruby
ルビー
Oh, no... ああ、そんな…。


H. 埠頭 2

1 Torchwick
トーチウィック
Here, kitty, kitty, kitty... ほらほらおいで、子猫ちゃん…。

2 Sun
サン
Leave her alone! 彼女から離れろ。

3 Torchwick
トーチウィック
You're not the brightest banana in the bunch, are you, kid? あんまり賢い方じゃないようだね、バナナ君?

4 Blake
ブレイク
He's mine! 私がやる!

5 Ruby
ルビー
Hey! こっちだよ!

6 Torchwick
トーチウィック
Well, hello, Red! Isn't it past your bedtime? やあ、赤ずきん。とっくにベッドの時間じゃないのかい?

7 Penny
ペニー
Ruby, are these people your friends? ルビーさん、あの人達もお友達ですか?

8 Ruby
ルビー
Penny, get back! ペニー、下がってて。

9
Penny, wait! Stop! ペニー、待って! ダメ!

10 Penny
ペニー
Don't worry, Ruby. I'm combat ready! ご心配なく、ルビーさん。戦闘準備完了です!

11 Ruby
ルビー
Whoa... How is she doing that? うわ…、どうやってやってるの?

12 Torchwick
トーチウィック
These kids just keep getting weirder... このガキ共どんどんおかしくなっていきやがる…。


I. 戦闘後

1 Ruby
ルビー
Look Weiss, it's not what you think, she explained the whole thing. See, she doesn't actually have a bow, she has kitty ears and they're actually kind of cute... あのねワイス、あなたが思ってるようなことじゃないの。ブレイクが全部説明してくれた。そう、本当はリボンじゃなくて猫耳なんだけど、でもそれが可愛くて…。

2 Blake
ブレイク
Weiss, I want you to know that I'm no longer associated with the White Fang. Back when I was with the- ワイス、私がもうホワイト・ファングとは関わってないって事は知って欲しい。私が関わってた頃は―

3 Weiss
ワイス
Stop! Do you have any idea of how long we've been searching for you? Twelve hours. That means I've had twelve hours to think about this. And in that twelve hours, I've decided... 待って。私達がどれだけの時間あなたを探したかご存知? 12時間ですわ。つまり12時間考える時間があったという事です。そしてその時間で、私は決めましたの。

4
I don't care. もう気にしませんわ。

5 Blake
ブレイク
You don't care? 気にしない?

6 Weiss
ワイス
You said you're not one of them anymore, right? もうあいつらの仲間ではないと言いましたわね?

7 Blake
ブレイク
No, I-I haven't been since I was younger- ええ、私はもうずっと前から―
厳密には「もう今後は仲間じゃないんですよね?」という問いに対して「いいえ、("今後は"ではなく)もっと前から仲間じゃない」という返答だと思われる。

8 Weiss
ワイス
Ah-bah-bah-bah-bah! I don't want to hear it. All I want to know is that the next time something this big comes up... you'll come to your teammates. And not some... Someone else. あーあー、もう結構ですわ! 私が聞きたいのは次に何かあったとき…、あなたがチームメイトに相談するって事だけですわ。こんな…、他の誰かさんじゃなくてね。

9 Blake
ブレイク
Of course. もちろん。

10 Ruby
ルビー
Yeah! Team RWBY is back together! イェーイ! これでチームRWBY復活!

11 Weiss
ワイス
I'm still not quite sure about how I feel about you! 私はまだあなたに関しては認めたわけじゃありませんわよ!

12 Ruby
ルビー
Hey, wait a minute... Where's Penny? ねぇ、ちょっと待って…、ペニーはどこ?

13 Driver
ドライバー
You should know better than to go running around in a strange city. 知らない街をあちこち出歩くのは控えるべきですよ。

14 Penny
ペニー
I know, sir. はい、分かっています。

15 Driver
ドライバー
Penny, your time will come... ペニー、その時がきっと来ますよ。


J. スクロールを見るオズピン

1 Message
メッセージ
QUEEN HAS PAWNS. "クイーンがポーンを握ってる"

2 Ozpin
オズピン
Hmmm... フーム…。


K. トーチウィックの隠れ家

1 Cinder
シンダー
How very disappointing, Roman. ガッカリさせてくれるわね、ローマン。

2 Torchwick
トーチウィック
Whoa! Hehe... I wasn't expecting to see you guys so soon... おわ! ハハ…、こんなに早く来るとは思わなかったね。

3 Cinder
シンダー
We were expecting... more from you. お前にはもっと…、期待していたのだけれど。

4 Torchwick
トーチウィック
Hey! You were the ones who suggested working with those stupid mutts from the White Fang. おっと。あのホワイト・ファングの間抜け共と組めと言ったのはあんただろう。

5 Cinder
シンダー
And you will continue to do so. We have big plans for you, Roman. All we ask is... a little cooperation. そう、そのまま続けなさい。大きな計画を用意してるのよ、ローマン。私達が求めるのは…、少しばかりの連携よ。


キャラクター 編集


トリビア 編集

  • 本エピソードのタイトルはブレイクとホワイト・ファングのことを指しているとも、ブレイクとワイスのことを指しているとも解釈できる。
    • また、正義と悪、人間とファウナスというように物事を白黒はっきり区別することを指しているとも考えられる。
  • ルビーの"She does like tuna a lot..."というセリフは声を担当しているLindsay Jonesのアドリブである[1]
  • ペニーがホワイト・ファング団員を倒したときにボウリングのピンのような音がしている。この効果音は後に"Best Day Ever"でも使われている。
  • ペニーが2機のブルヘッドを破壊したとき、ホワイト・ファング団員と共にRWBY Rexが落下している。
  • Miles LunaはDVD/BDコメンタリー収録時に本エピソードを初めて視聴し、ペニーがブルヘッドを真っ二つにしたシーンを見てMontyに対して怒り始めた[2]。これは、MilesとKerryは以前からキャラクターが物を切断するシーンを作りたかったが、彼等はまだそこまで強くないだろうという理由で我慢していたためである。しかしその後平静を取り戻し、ペニーなら十分それだけの力があるので許されると話した。

参考編集

  1. MCM London Comic Con 2016: RWBY Panel
  2. Volume 1 Directors Commentary
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。