FANDOM


"Best Day Ever"(最高の一日)RWBYの2期1話目(累計第17話目)のエピソード。2014年7月4日、4回目のRTXの初日に初公開され、同年7月24日に一般公開された(いずれも現地時刻)。

あらすじ 編集

トランスクリプト 編集


キャラクター 編集


トリビア 編集

  • 元々の構想ではマーキュリーとエメラルドがタクソンの店を去ったあと、店内の壁にタクソンの血が飛び散っているところが描写される予定であった。
  • ルビーが一日のプランを説明する際、アメリカの歴史上の有名な言葉がいくつか引用されている。
  • ヤンのダジャレにノーラがブーイングしたのは、Barbara Dunkelmanがよくダジャレを言ってブーイングされていることにかけたものである。
  • フードファイト直前のルビーがチームJNPRを指さすポーズは逆転裁判成歩堂龍一が異議を唱えるときのポーズによく似ている。
  • ノーラの"Off with their heads"というセリフは不思議の国のアリスのハートの女王の口癖から取られている。
People like grapes

ノーラが投げた缶のプリント

  • フードファイトのシーンでバリケードに使われていた自動販売機とまき散らされていた缶には"People Like Grapes"という文がプリントされている。これはGavin Freeが言った有名な言葉であり、Rooster Teeth Productionsのシャツにも使われている。
    • 他には"Dr. Piper"(Dr. PepperPeter Piperのパロディ)、"Ol' King Cold"(Old King Coleのパロディ)、"Udder Satisfaction"とプリントされた製品が確認できる。
  • ワイスが床にまいたケチャップでレンが滑ってテーブルに突っ込んだシーンではボウリングのピンを倒す音が使われている。この効果音は"Black and White"でも使われている。
  • フードファイトシーンのBGMの最後の部分はRooster Teethアニメーションのアウトロ部分で使用されている。
  • 本エピソードはRooster Teethの人気シリーズRed vs Blueに関するネタが数多く含まれている。
    • エメラルドとマーキュリーがホワイト・ファングの隠れ家に戻ったあと、タクソンのことをpuma(ピューマ)に例えるくだりがあるが、これはRed vs Blue2話でGrifがワートホグのことをpumaのようだと言ったことにかけている。
    • エメラルドとマーキュリーがタクソンの店に入ったとき、タクソンがBlood Gulch Bluesを口ずさんでいる。
    • ヤンが天井の上までふっ飛ばされて後に落ちてきたのは、"My House, From Here"でCabooseが地雷を踏んで吹き飛び、しばらく戻ってこなかったシーンとかけている。
    • ローマンが自分のことをプロだと自負するセリフがあるが、Red vs Blueでもローマンと同じGray G. Haddockが声をあてているLocusが同じようなことを言っている。
  • エメラルドがタクソンに尋ねた最初の本は"The Thief and the Butcher"だが、これはエメラルドとマーキュリーのことを指しているとも解釈できる。(Butcherは肉屋、解体業者の意味だが殺戮者という意味もある)