Fandom


マリーア・カラヴェラ(Maria Calavera)は、"Argus Limited"で初めて登場した人物。グリム・リーパー(The Grimm Reaper)としても知られる。武器はライフ・アンド・デスと名付けられた2本1組の鎌だが、現在は片方しか持っていない。

外見 編集

マリーアは老齢の女性である。肌は褐色。髪は白く、長い三つ編みにして背中に垂らしている。身長は低く背中が丸まっており、歩くのに杖を必要とする。

伝統的なタバスコスタイルのフルサイズのドレスを着用している。上着はダークブルーのフルスリーブ。スカートはライトブルーとダークブルーの交互の層から成る。ドレスに加えて、厚い茶色の手袋、重いブルーのマントを身に着けている。マントの裾と首回りはライトブルーの帯の上に白い三角形のパターンのトリムがある。マントは、装飾のある白い固定具で肩に固定されている。

盲目で、ゴーグルのような人工眼を着けている。人工眼は暗い灰色でレンズ部分はシアン。各レンズには調節可能なシャッターがセットされており、それにより自然な表情を模倣できる。

歩行補助用の杖を持っている。杖は普通の木製のもので、滑らかに狭まり、先端は金属製で、中央部に紫のバンドが付いている。杖の頭頂部には、装飾的な青い頭蓋骨が付いている。

人物 編集

彼女は高齢にもかかわらず、比較的エネルギッシュで無造作で、電車の脱線さえ何ということもないように見せた。ルビー達に対しても当初から友好的な態度であったが、自身を「無力だ」とか「歳だ」という者にはすぐに反撃する。目が見えないことや年を取っていることを自分で冗談の種にすることはしばしばあるが、アパシーの脅威を見抜けなかった時には、能力が衰えたことについて自らを責めた。

マリーアは冷静で、緊張が高まった場面でも健全な精神状態を保つことができる。"So That's How It Is"でルビー一行が取り乱した際には全員を叱咤した。またチームRWBYがアパシーと遭遇した際には迷わず脱出するように指示した。しかし聖人というわけではなく、コルドヴィンとのやり取りの中で見られるように、けちで意地悪な一面もある。

技能と能力 編集

マリーアは全盛期には、センブランスの効果もあって高い戦闘技術を有していた。"The Grimm Reaper"では複数人を相手にしても十分に戦うことができ、また2本の鎌を自在に振るい、それに埋め込んだグラビティ・ダストも効果的に使っていた様子が見られる。現在でも平均より持久力や抵抗力があり、列車の脱線を無事に切り抜けたり、怪我なく深い井戸に飛び降りたり、かなりの速さで走ったりできる。

銀の眼 編集

マリーアは生まれながらに銀の眼を持っており、その眼からグリムにとって致死となるまばゆい白い光を放つことが出来た。彼女はその能力によって一瞬のうちに巨大なネヴァーモアを石化させたことがある。またその能力の発動に関して同じ眼を持つルビーよりもよく理解しており、その能力を破壊の手段ではなく守護のための手段であると述べ、その起源は光の神の能力だろうと推論した。しかしトックとの戦闘で眼を失ったため、彼女がこの能力を使用することは出来なくなった。

センブランス 編集

マリーアは自身のセンブランスを予見反射(Preflexes)[1]と名付けている。それにより彼女は、全てのことを他の人々より鋭く感じ、攻撃が起こるか起こらないかのうちに反応することが出来る。

トリビア 編集

  • マリーアはラテン名で、その意味については多くの説がある。一説には、「神に選ばれし者」を意味するヘブライ語名のミリアム(Miryam)の訳だという。またマリーアはメアリー(Mary)のラテン名でもあり、メアリーはキリスト教において、神に選ばれてその子であるイエスを身ごもった女性とされる。
    • 青色はイエスの母マリアを象徴する色とされ、キリスト教文化圏における美術作品ではマリアは青い服を着て描かれることが多い。
  • カラヴェラ(Calavera)はスペイン語で「頭蓋骨」を意味する単語である。メキシコでは「死者の日」の祝祭で粘土製の頭蓋骨をデコレーションする習慣があり、マリーアの杖の持ち手部分も頭蓋骨の形をしている。

参考 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。