Fandom


ジェームズ・アイアンウッド(James Ironwood)アトラス軍の将軍で、アトラス・アカデミーの学長である。武器はデュー・プロセスという名のリボルバー。理由は不明だが身体の右半分が義体化されている。

"Welcome to Beacon"にてオズピンとの会話シーンで初登場した。

外見・衣装 編集

オリジナル(Volume 2~3) 編集

アイアンウッドはオズピンと同様に身なりの良い格好をしている。上半身には黒のセーターと赤のネクタイの上にグレーのアンダーコート、その上に白のオーバーコートを着ている。下半身にはオーバーコートと同じ色のパンツを穿いており、裾は銀色のアクセントが入ったブーツにしまい込んでいる。また、右手のみ白のグローブを着けている。

"Mountain Glenn"にて、アイアンウッドは左手の状態が悪いと述べており、そして"Heroes and Monsters"では彼の右半身が義体であることが明らかになった。

彼の髪は黒の中に銀色や灰色の部分が混じっているが、眉毛は黒一色である。右の眉の上には銀色の金属片が見られる。これはロボット化された彼の身体の制御するための神経伝達に使われている。

コンセプトアートとVolume 3 のオープニングではアイアンウッドは肩にアーマーを着けており、そこから伸びた黒のストラップを"X"の形にたすき掛けにしている。また、2つの大きなベルトをコートの上から巻いている。これらは本編の中では一切見られない。

Volume 4 編集

ビーコン陥落のあと、アイアンウッドの容姿はややくたびれた様子になっている。彼は無精ひげを生やし、髪も少し乱れている。上半身には濃紺のアクセントが入った白い燕尾のダブルコートを着ており、腰にはその上からベルトを締めている。コートの下には黒のシャツと赤のネクタイが見られる。以前とは異なり両手に白のグローブを着けており、さらにパンツの裾もブーツの外に出ている。

Volume 7以降 編集

彼の容姿はVolume 4の頃よりさらに粗野なものになっている。ひげは完全に顎を覆っており、髪も整えられていない。上半身には濃紺の襟付きシャツを着て赤いネクタイをしており、その上に白いベストを着ている。ベストの上には2本の濃紺のベルトが巻かれており上着として青と赤のアクセントが入った白いコートを着ている。下半身には青のパンツとブーツを身に付けている。

アーサー・ワッツとの戦いでは彼は左腕全体に重度の火傷を負っている。その後アトラス・アカデミーに戻ったときには彼は左腕に包帯を巻いて右肩から吊った状態になっている。

イメージギャラリー 編集

人物 編集

アイアンウッドは初登場時のオズピンとグリンダ・グッドウィッチとの会話でも分かるように、礼儀正しい性格である。また、彼は思慮深く用意周到であり、未来の事について思い悩むことも多い。アトラスの兵器を紹介するシーンで見られたように明るくユーモラスな面も持っている。

しかしながら直接的なアプローチを好むあまり、時には無遠慮で尊大な態度を取ることもある。そして必要とあらば指揮下の軍を総動員することも厭わず、その事でグリンダやオズピンと意見の不一致が見られた。それでもなお彼は仲間の事を信頼しており、やり方には疑問符が付くとしてもその行動は人々の事を思ってのものである。

アイアンウッドは一貫して自分の考えや行動の正当性を疑わず、そのためにオズピンやジャック・シュニーと対立することもある。ジャックから自分以外誰も信用していないことを指摘されたときにも彼はそれを否定せず、物事を疑う姿勢こそが正しいと確信しているようである。このような考え方により、彼は問題発生時に素早く先手を打つ手法を取ることが多く、状況を見極めてから対応することを好むオズピンとは対照的である。

アイアンウッドは勇敢な者や自分よりも他者を優先できる者には敬意を払っている。自らを省みず人々のために戦ったヤン・シャオロンに対して自主的に義手を贈ったこともこの事を示している。一方で、世界の問題や民衆の安全に無関心な人々のことは軽蔑しており、シュニー家のパーティの場でも社交界の名士達を前に、まともな者はワイスだけだと告げた。

アイアンウッドは軍での地位を利用して自らの監督下で研究活動を行っている。彼は秋の乙女の力がシンダー・フォールへ吸収されることを防ぐためにオーラの他者への移動や生命維持の技術を研究させていたが、それは倫理的に問題のあるものも含んでいた。彼はその事を重々承知しており、世界の平和維持とオズピンの組織への忠誠のためいかなる批判も受け入れるという覚悟を持っていた。

アイアンウッドは勇敢かつ、時には頑固とも言える性格だが、危機的な状況の中では戦場を離れる者にも理解を示している。彼はビーコンでの戦いの中、生徒達に対して逃げる選択肢もあることを示した。

技能と能力 編集

地位 編集

将校として、アイアンウッドは普段は前線で戦うことはなく戦術的知識を活かして部隊に指示を出している。しかし必要に迫られれば彼は卓越した戦士となる。

"Remembrance"では、彼が議会に2議席を保有している事が明かされた。おそらくこれは、アトラス・アカデミーの学長とアトラス軍の将軍という2つの立場を反映したものである。

武器と身体能力 編集

V3 10 00093

アルファ・ベオウルフの攻撃を受け止めるアイアンウッド

アイアンウッドの武器はデュー・プロセスという名の銃である。彼はこれを使ってアミティ・アリーナグリムと戦った。彼は数秒の間にアトラシアン・ナイト-200を数体撃破しており、非常に優れた使い手であることが分かる。彼は主に生身の左手で銃を撃ち、近接戦で銃を打撃武器として用いるときは機械化された右手に持ち替えている。半分が機械化された彼の身体は驚異的な力を持っており、アルファ・ベオウルフの一撃を右腕で平然と受け止めたあと、その巨体を投げ飛ばしている。

"Taking Control"にて彼が右手で叩きつけたジャックの机には大きなひびが入っている。

トリビア 編集

  • アイアンウッド(Ironwood)のキャラクターはオズの魔法使いのブリキの木こりが元になっている。
  • アイアンウッドという名前は多くの樹木に付けられている。また、北欧神話の世界の一つにも同じ名前のものがある。

参考 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。